デジタルサイネージの効果

subpage01

昨今、注目されている広告媒体に、デジタルサイネージがあります。
従来型の看板やポスターの進化系とされており、駅の構内や繁華街等で、よく見かけられるようになりました。


また、代表的なところでは、電車内のディスプレ広告が挙げられます。



その他、地下街の柱や壁にデジタルサイネージが設置され、人々の目を引いています。



特に、ビルの壁面や屋上には大型の広告パネルが設置され、色とりどりの映像が流れています。
かつては、こうした大型の広告の設置や入れ替えには、大掛かりな足場が必要で、工事も何日にもわたりました。
それが、現在ではスイッチ一つて、広告の入れ替えから動画の配信まで行えるようになったわけです。

広告媒体の使命は如何に目立たせるかにありますが、デジタルサイネージは夜間でも発光するので、遠くからでも目立つことが出来ます。

また、動画や音声によって商品等のアピールができるので、紙媒体の何倍もの宣伝効果があると言えます。
特に、流行の音楽と商品を組み合わせることで、人々の印象の中に長くとどまると言われています。
デジタルサイネージの効果は、それ以外にも時間を有効に使えることが挙げられます。

デパートやスーパー等では、訪れるお客の層が違うので、購買層に応じた商品の宣伝が大切になるわけです。


そうした宣伝の入れ替えも、システムによって自動的に行えるようになっています。



現在では、気温や湿度等の天候に応じて、広告案内を変えられるシステムも開発されており、人件費も抑えられローコストで運営することが出来ます。